語学コース
こんな方に…。

  • リスニングが伸び悩んでいる。
  • 発音がジャパニーズイングリッシュ。
  • 英語の会話で、聞き返される。
  • 英語のリズム感にのれない。

etc・・・

『言葉の壁によってへだてられていた人たちに
近づけられるようになることは
喜びでもあるし、まさに精神体操である。』

by A.Tomatis ”人間はみな語学の天才である” より

こんな方に…。

  • リスニングが伸び悩んでいる。
  • 発音がジャパニーズイングリッシュ。
  • 英語の会話で、聞き返される。
  • 英語のリズム感にのれない。

etc・・・

語学学習の基本は、まずはインプット!

聞く、話す、読む、書く…。わたしたちは、このように、母国語を習得してきました。語学学習も同様、まずは「聴く」ことがスタートです。

聴くということは、身体にインプットする、ということ。インプットが充分になされることで適正なアウトプットが始まります。
つまり、インプットがうまくいかないと、次のステップもつまずいてしまいます。
トマティスメソッドは、その肝心かなめのインプット作業をサポートすることから始まります。

何をインプットする?

言語の基層となるのは、優先周波数、リズム、イントネーション、アクセントといった音楽的要素です。これらが身体に刻みこまれて土台になると、言語の4技能の習得が効率よく行われます。

どのようにインプットする?

トマティス博士が開発した耳の機能を搭載したオリジナルトレーニング機器と、骨導付きヘッドホンを用いて、耳と脳、身体へ働きかけます。
そして、トレーニングは、子供が母国語を習得していくプロセスを辿ります。

●前半のトレーニングでは、優先周波数、リズム、イントネーション、アクセントのインプットを中心に行い、
●後半のトレーニングでは、オリジナルトレーニング機器と、骨導付きヘッドホンに加えてマイクを用い、音読、シャドーイング、リピーティングといった耳と口の回路を強化するアクティブなセッションが入ってきます。

また、トマティストレーニングでは、「耳」そのものの状態も調えていきます。語学学習以前に、耳にストレスがある場合(左右の聴力がアンバランス、音の方向がとりにくい、音の高低判別ができにくい等)、いくらリスニングに時間を費やしても効率が悪くなってしまうからです。この調整には、音楽(主にモーツァルト、グレゴリア聖歌)を用います。
学習には、耳も身体もリラックスしていることが大切です。

トレーニング言語

英米語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語・中国語

【トレーニング時間】
合計48時間

・前半30時→約3週間休止(定着期間)→後半18時間

・2時間/日×24回 (週3日以上)
1日3時間(1.5時間 ⇒ 1.5時間以上の休憩 ⇒ 1.5時間)
で行うこともできます。ご相談下さい。

【トレーニング料金】
入会金 11,000円
トレーニング料金 176,000円
合計 187,000円

受講生の声

◆自然に聴ける感覚に!
H.Jさん/女性/33才/中国語コース受講
上海空港に着いた時から中国語が自然に聞ける感覚があり、驚きました。私の中国語知識は全く変わってませんが、受けるストレスが格段に減りました。
頑張って、勉強を続ける意欲がまたわきました。とてもうれしいです。

◆聴き取りだけでなく、精神面と声にも変化!
N.Hさん/男性/26才/英語コース受講
精神面では自分に自信がつき、物事に積極的に取り組めるようになりました。声に関しては、声量が多くなり、声がこもることが少なくなりました。英語は大体の言葉が聞き取れ、理解できるようになり、あとは自分の発音と文章構成力が身につけば、会話ができそうだなという期待が持てるようになりました。

◆英語だけでなく、フラメンコにもよい影響!
R.Mさん/女性/英語コース受講
私は3年ほど前に英語耳のトレーニングを受けました。終了直後は高周波がよく聞き取れるようになったくらいで、大きな変化を感じませんでした。
でも、その後少しずつ英会話の先生の話が聞き取りやすくなり、海外旅行でもあまり困らなくなりました。自画自賛ですが私の発音もよくなった気がしますし、褒められることもあります。
またトマティスは、身体のバランス感覚やリズム感にも影響があると言われましたが、確かにそれらについても変化が表れています。私はフラメンコを習っているのですが、最近先生から「踊りが変わってきた。コントラ・ティエンポ(裏拍)がよく入るようになった」と褒められました。また体の軸が正しい位置になったせいか、姿勢が良いといわれます。フラメンコの曲を歌う練習もしていますが、幅広い声が楽に出てフラメンコ独特の歌い方にも苦労しませんでした。
長男は米語の耳、次男は自閉症のためのトレーニングを受けました。いずれも時間をかけてゆっくりと良い変化を感じます。
現在二人の息子は自衛官で、職務に励んでおります。
私はトマティスメソッドに出会って本当によかったと思っています。

◆あいまいに聞こえていた音が聞けるようになった!
E.Sさん/女性/24才/米語トレーニング受講
前半は本当にリラックスしに来ている感じでした。最初は聞いているだけで良いのかと思っていましたが、間でやる耳のテストで少しずつ変わってきているのを実感しました。後半の声出しでも、できない子音の発音が少しずつできるようになってきて、今までしてこなかった発声の方法や、あいまいに聞こえていて、どのよのように発声していいか分からなかった音が聞こえるようになったと思います。短期間でしたが、とても為になるプログラムでした。

◆聴けることで発音が変わり、発音が変わることで聴く力が良くなる感覚
K.Kさん/女性/38才/米語コース受講
英語のリスニング力UPのためにトレーニングを始めましたが、リスニングというよりも、もっと根本的な聴くこと」に対してのトレーニングだったと思います。聴けるようになることで自分が発する音も変わり、そして自分が発する音が変わることで、聴く力が更に良くなっているような感覚でした。実際の英語のリスニングについては、以前よりも一つ一つの言葉がクリアに聴き取れるようになていると思います。

◆TOEICが100点アップ!
Y.Aさん/女性/37才/米語コース受講
仕事帰りのリラックスタイムと感じていたので、精神的な負荷は全くないまま通えました。半分を過ぎたあたりから普段の生活の中で、落ち込んだりイライラしてもすぐに立ち直るような変化が見られるようになり、ついで、英語の音に苦痛を感じなくなりました。(ものすごく嫌いだったのですが)本当にウソのようです。ちなみにTOEICはトータルで100点アップしました。私はここに通う以外の努力はしていなかったし、TOEIC当日は、体調が悪かったのに・・・です。今後も臨界突破を目指して継続したいです。フランス語もトライしてみたいと考えています。

◆「英語を話したい!」と思うようになってきました。
N.Wさん/女性/23才/米語コース受講
正直なところ、はじめは半信半疑だったのですが、今までどのような勉強を試しても、英語の発音はいつまでたってもジャパニーズイングリッシュで、ぜんぜんダメだったので、思い切ってトレーニングをスタートしました。すると、だんだんと、自分の普段の会話でも「S」などの子音が聞こえ、英語が身近に感じてくるようになり、『英語を話したい!』と思うようになってきました。 今トレーニングを終えてみて、自分の英語の発音は悪くない!と思えるようになったので、この気持ちを持ち続けて、もっともっと積極的に発言していこうと思います。

◆語尾のt、ts、p、s、kなどがちゃんと聴き取れるようになった。
N.Hさん/男性/42才/英語コース受講
子音がはっきり聞こえるようになったので、米音と英音の差も明確になった。
語尾のt、ts、p、s、kなどがちゃんと聴き取れるようになったので、名詞が単数か複数かをすぐに理解できるし、以前、can’t をcanと言われたと間違えてあとで困った事があったが、現在は大丈夫かも知れない。
オーディオブックを聞こうとしても聴き取れないので、音声が雑音のように思えて、すぐ止めていたが、今はテープをかけたままにしておいても苦にならない。